意外と知らない…!?「結婚式のアクセサリーマナー」

wedding-accessory-necklace-manner

結婚式のアクセサリーにマナーがあることをご存知ですか?

あなたは結婚式のアクセサリーにマナーがある事をご存知ですか?着ていくドレスやバック、当日のヘアスタイルは気にされる一方で意外と手薄になるのがアクセサリー選びです。また、そもそもマナーがある事を知らなかったと言う方もいるのではないでしょうか?しかし、結婚式で身に着けるアクセサリーにもマナーがあります。大人として最低限のマナーはおさえておきたいもの。そこで今日は意外と知らない「結婚式のアクセサリーマナーついて」特にネックレスに絞って、ご紹介します。

結婚式や二次会のお呼ばれ、招待状を受け取ると同時に考える服装やヘアメイク、アクセサリーと言ったファッションの悩み、女性なら誰でも経験したことがあるのではないでしょうか。マナーを踏まえ、納得のいく服装で出席する事は、結婚式や二次会のパーティーをより楽しめるだけでなく、大切な友人の結婚式やその家族に対する祝福の気持ちを表す上で、とても重要です。また、大人として最低限のマナーはおさえておきたいもの。そこで今日は意外と知らない「結婚式のアクセサリーマナーついて」特にネックレスに絞って、ご紹介します。

結婚式アクセサリーのNGマナーをおさえよう!

結婚式でのアクセサリーマナー、まずはNGアクセサリーを抑えましょう。実は、同じ結婚式でも、昼と夜とでは服装やアクセサリーのマナーが異なります。服装のマナーと併せてアクセサリーマナーを抑えるのがおすすめです。マナーを知る事は、自分自身が恥ずかしい思いをしてしまったり、また知らないうちに相手に失礼になってしまうような状況を防ぎます。そして更に、マナーを知る事で、ネックレス選びの悩みや、購入後の後悔、そして失敗を解消してくれ、おのずと良いネックレス選びへと繋がっていきます。

【昼のNGアクセサリー】

・キラキラ反射するネックレス(太陽光や室内照明に反射して写真撮影の邪魔になるような光物)
・ゴールド系の派手なネックレス(花嫁より目立つようなネックレス。一般的にゴールドよりも控えめで上品なシルバーがベター)

結婚式では写真撮影があります。華やかでもキラキラしすぎたアクセサリーは写真撮影の邪魔になってしまいます。また、主役はあくまでも花嫁。花嫁より目立つアクセサリーもNG。昼間の結婚式は、光を抑えた上品なアクセサリー選びがポイントです!

【夜のNGアクセサリー】

・夜は昼に比べそこまで制限があまりありません。(が、昼とは異なり、太陽がでていない分、逆に華やかさを演出するアクセサリー選びが必要です)

つまり、夜間の結婚式は(太陽がでていない)昼とは逆に、照明に映える華やかさを演出するようなアクセサリー選びがポイント!(昼とは異なりキラキラしたアクセサリーがOKになります。)

【昼夜共通のNGアクセサリーマナー】

・花嫁とかぶる可能性があるアクセサリー(ティアラを想像させるカチューシャや生花、大ぶりのコサージュなど)
・黒など喪をイメージさせるアクセサリー
・季節に合わないアクセサリー
・カジュアルなアクセサリー
・動物のアクセサリー(殺生をイメージさせるようなもの。例:毛皮、クロコダイル素材、リアルなアニマル柄や虫類を想像させるもの)

補足:「リアルでないアニマル柄」に関して、これは必ずしもNGというわけではありませんが、主張性の高いもは避けることをおすすめします。また最近は本物かあるいは人工かの見分けがつきづらいものも多くあり、見る人によっては受け取り方が異なるため気をつけましょう。尚、殺傷などをイメージさせないワンポイント程度のもの、あるいは上品さを欠かないものであれば上手にコーディネートをし出席しましょう。尚、Chuuiではアニマル柄のアクセサリーもたくさん展開しています。陶器の質感や手描きの柔らかさが魅力であり、殺傷をイメージさせるわけではありませんが、結婚式でアニマル柄はカジュアルに見えてしまう可能性があるためアイテムを選び上品なコーディネートを心がけて参加しましょう。

☆結婚式は、二人の門出を祝う日。あくまでも花嫁が主役です。花嫁より目立ってしまうような、あるいは花嫁の特権である生花やティアラなど、花嫁とかぶる可能性があるアクセサリーを避けることが大前提。そして更に、両家の家族や親戚など(様々な年齢層の方が出席する)前で、失礼にならないよう、上品なアクセサリーを選ぶ事が大切です。

このようにNGマナーさえ抑えておけば、焦って準備をしたり、ネックレス選びで悩んだり、準備不足が導く失敗もおのずと減り、良いネックレス選びができます。

意外と多い!?結婚式、アクセサリー選びの失敗

さて、結婚式のマナーをご紹介しましたが、これまであなたはどのように結婚式アクセサリーを選んでいましたか?

・パール系のアクセサリーであれば大丈夫だろう
・晴れの日だからいつもよりキラキラ華やかなアクセサリーを選ぶようにしている
・ドレスに合うアクセサリーを選んでいる
・アクセサリー自体あまり気にしていなかった

と、何となく選んでいた方もいたのでは?しかし、この何となくがアクセサリー購入後の後悔・失敗に繋がる原因になっています。

・気がついたら周りもみんなパールのネックレスだった
・急いで結婚式用のネックレスを購入したけれど、その後使う機会がほとんどない
・欲しいネックレスが見つからず、結局普段用ネックレスで出席をした
・よく調べたらもっと好みのネックレスや良さそうなネックレスが他にあった

そう「もっと前もって準備し、しっかり選べばよかった…」そんな経験はありませんか?そもそも、どんなアクセサリーを選んだら良いのかわからないという悩みから始まり、結婚式に向け急いで購入はしたものの結婚式後は使う機会がなかったり、流行り廃りで以前購入したデザインが古く感じたり、また、自信がなく定番アクセサリーにしたら周りも同じようなアクセサリーだったり、、、もっと選んで購入すれば良かったなぁ~と、意外にも後悔や失敗が多いのが、結婚式のアクセサリー選びです。では、どうして結婚式のネックレス選びは悩みや後悔、失敗が多いのでしょうか?

結婚式アクセサリー 選び…「失敗する2つの原因」

1.マナーを知らない事

まず冒頭で、結婚式のアクセサリーにマナーがあることをご紹介しました。結婚式のお呼ばれアクセサリー、そもそも失敗したり、選び方がうまくいかない原因の1つとして、この"マナーを知らない事"が大きく関係しています。

2.デイリー用アクセサリーではないから

そしてもう1つの原因。それは"デイリー用ネックレスではないから"ではないでしょうか。普段使うネックレスであれば、自分の服装やライフスタイルからシーンを想像しやすく、また好みや予算も想像しやすくなります。しかし、これがひとたび結婚式用となると、普段あまり着る機会のない結婚式用ドレスをメインに考え、ドレスに合うネックレスを購入します。そのため普段着には使いずらく、購入後はあまり出番がない。また、どの道使う機会が少ないと思うと、費やす予算も悩みの1つになってきます。そのためドレスやバック、ヘアメイクよりも優先順位が下がり、予算を削られがちなのもまたアクセサリーなのです。

マナーを知らない事、そして普段使いしづらいアクセサリーを購入しなくてはならない…それが失敗する大きな原因に繋がってきます。

しかし、せっかく購入するなら、後悔のない買い物をしたいと思いませんか?また、欲を言えば結婚式だけに限らず、流行り廃りに関係なく、その後も使えるアクセサリーを購入したい!そこで、結婚式のおススメネックレスに加え、結婚式&パーティーにも映える!それでいて、デイリーにもしっかり使える賢いネックレスを併せてご紹介します!

結婚式で使えるお呼ばれネックレス

それでは結婚式のネックレスを選んでいきましょう。結婚式のネックレスと一言でいっても様々な種類があります。NGマナーをしっかり抑えた上で、自分の好みや着ていくドレス、季節に合うモノ、また体系に合う長さ等を考慮し、楽しみながら選んでみましょう。

結婚式で使えるお呼ばれネックレス

【おすすめ!結婚式のお呼ばれネックレス】

■定番!ホワイトパールのネックレス 【昼・夜可】
結婚式の王道ネックレスと言えば、やはりホワイトパールのネックレス。輝きを抑えながら華やかで上品なパールはあらゆるシーンで使えるネックレス。1本持っておくと何かと重宝します。最近は、本物のパールの他に軽くて使いやすいコットンパールや様々なデザインのネックレスがあります。大人の女性であれば、やはり本物を1本持っておくことをおススメします。ただし、定番ネックレスであるため、パールを身に着けて出席する人も多くいます。その場合、イヤリングやピアスのセットアップで個性を出してみるのも良いかもしれません。
pearl1

■ビジューネックレス【夜向き】
近年好まれているビジューネックレス。結婚式だけでなく、普段使いできる点もおすすめのポイント。デザインにより印象も様々ですが、キラキラ華やかなビジューネックレスは夜向きです。マナーを踏まえた上で、上品で素敵なネックレスを選んでみては。

■ダイヤモンド【夜向き】
キラキラ輝くダイヤは夜向き。大きすぎないサイズのものを選んでコーディネートしましょう。

■天然石【昼向き】
輝きをおさえた珊瑚、翡翠、ラピスラズリ、アメジスト、トルコ石などは昼向きです。ドレスに合わせ上手にコーディネートしましょう。

「デイリーにも、結婚式にも使える」 コスパ抜群!陶器ネックレス

さて、ここまでアクセサリーのマナーや結婚式で使えるネックレスをご紹介しました。ここで更に「デイリーでも使えて、結婚式にも使える」ネックレスをご紹介します。どうせ購入するなら、結婚式やパーティーだけでなく、その後も使えるコストパフォーマンスの良いネックレスを選びをしたいと思いませんか。結婚式限定で購入すると、普段着には合わせずらく、どうしてもその後出番がなくなってしまいます。そこでおすすめしたいのが陶器のネックレスです。まだまだ珍しい素材のネックレスですが、おすすめのポイントは何と言っても、その重厚な見た目と上品な艶です。様々な年齢層の人が出席する結婚式では、上品な装いはマナー。かつ花嫁を主役とし、華やさを演出するアクセサリーが必須です。これに加え、限られた予算の中で購入しなければなりません。その全てを叶えてくれるおすすめアクセサリーが陶器ネックレスです。

陶器が生み出す独特の重厚感は見た目の高級感を生みだし、大人の女性が身に着けてもけっして安っぽくならないのが陶器の良さ。それでいてお値段も手ごろです。また陶器の艶はどのシーンで身に着けても様になる上品さ。しっかり光沢感があるのに、反射して撮影を邪魔したりする輝きではありません。この重厚感と艶が、カジュアルからエレガントスタイルまで服装を限定しないポイントであり、陶器アクセサリーの大きな魅力なのです。それでは具体的に、結婚式にも使えて、更にデイリーにも使えるネックレスをご紹介します。

シンデレラネックレス】(昼夜向き)

名前も魅力的なシンデレラネックレス。しかし、名前だけでなく、デイリーからパーティーまで幅広く使えるパフォーマンスが何といってもおすすめポイント!身につけるだけで、シンプルな普段着をよそ行きに、そしてパーティードレスをより華やかにするネックレスです。

cinderella-necklace

特徴は艶のある大粒ビーズ。光の加減によって玉虫色に輝く陶器独特の艶が目を惹きます。また、トップに大粒の陶器ビーズを使ったデザインは、存在感があり結婚式での写真写りも抜群。反射して撮影の邪魔になる様な輝きではないため、その点も安心です。また、普段はシンプルな洋服に合わせていただくだけで、いつもの洋服をグッとよそ行きな雰囲気にしてくれるます。友達との食事会やちょっとしたお出かけにはもちろん、写真写りが抜群な分、旅行の際の持ち運びアクセサリーとしてもとっても便利。秋冬は、ハイネックの上から、またアウターからのぞく大粒ビーズがとてもオシャレです。多少重量感はありますが、その分存在感と高級感も持ち合わせています。ネックレスの色は4色展開。ドレスの色に合わせて好みのモノを選んで見てください。

Charlstoneネックレス】(昼夜向き)

こちらも結婚式で目を惹くネックレス。全6色展開。美しい艶感に加えカラフルなビーズが特徴的。通常カラフルな色は、カジュアルになりがちだったり、また少し派手になるのでは?と冒険するには勇気がいります。しかし、カラフルな色も陶器の艶感で包まれることで、上品でいてとても華やかになります。陶器の重厚感がまたカジュアルにならずに使えるポイントです。

wedding-necklaces-pearl2

一目では何でできているのかわからないユニークさも目を惹きます。同系色のドレスのアクセントとして、またドレスと反対色を選んでメリハリを着けるのも素敵です。普段着にももちろんお使いいただけます。持っている洋服との相性や自分が1番使いそうな色を選んでみて下さい。MINI CHARLESTON(パール)シリーズのマッチングピアスでより華やかにドレスアップしていただけます。

バルーンネックレス】(昼向き)

パールのネックレスも素敵だけれど、もぅ少し個性を出したい。そんな方におススメのバルーンネックレス。程よいパール感のある小粒ビーズに、1つ1つ手描きで模様が描かれたネックレス。淡いパステルカラーの色合いが上品で大人可愛いいネックレスです。

wedding-necklaces-baloon1

大粒ビーズを使うには勇気がいる方は、まずこちらの陶器ネックレスから初めて見るのがおすすめ。年齢も問わずにずっとお使いいただけます。パールネックレスは普段使いするには少しフォーマルになりすぎる場合がありますが、バルーンネックレスはその点デイリー使用もしやすいネックレス。もちろん結婚式ネックレスとしてもさり気ない個性を演出してくれます。控えめな小粒ビーズと光沢感が昼向きです。

ナツメグネックレス】(昼夜向き)

シックで高級感溢れるナツメグネックレス。普段シックでシンプルなスタイルが好みの方、あるいは大人っぽいネックレスがお好きな方におすすめ。ナツメグの形をしたビーズと深みのあるアンティークゴールドが特徴。落ち着いた色味ですが、陶器独特の光沢感で華やかなシーンでも使い勝手は抜群です。
wedding-necklaces-nutmeg
大人なスタイルで出席したい方、あるいは普段淡い色のドレスが多い方に、コーディネートの締め色としておすすめのアンティークゴールド。1本あるとあらゆる場面で使える万能さを感じていただけます。ナツメグの形が全て手しごとなのもまた魅力の1つです。

アンティークゴールドロングネックレス】(夜向き)

こちらは107cmのロングタイプネックレス。アンティークゴールドの小粒ビーズを使ったネックレスです。ゆったりしたドレスにメリハリをつけたい、体系をスッキリ見せたい、淡い色のドレスにアクセントを加えたい方におすすめの1本。

cn-20027a

また1連だけでなく、2連にして使ったり、結んでお使いいただく事が出来るネックレスのため様々な表情が楽しめます。普段はワンピースやチュニックに、またシンプルなシャツのアクセントとしてお使いいただく事ができ、何かと便利なロングネックレスです。胸下になる長さのネックレスは夜向けです。

さて、まだまだ珍しい陶器アクセサリーですが、上品な艶とその高級感は本物志向の大人女性にも喜んでいただけるアクセサリーです。また、1度使っていただくとその使い勝手の良さとコストパフォーマンスの良さを感じていただけるでしょう。もし、結婚式のネックレスで迷ったり、その後も使えるネックレスが欲しいと言う方は、是非陶器アクセサリーに挑戦してみて下さい。

さて、今回は結婚式のアクセサリーマナー、そして結婚式で使えるネックレスをご紹介しました。意外に知らない結婚式でのアクセサリーのマナー。難しいルールはないので、是非抑えましょう。また、マナーを知る事でこれまで迷いの多かった結婚式でのネックレス選びが楽しくなります。せっかくの結婚式、納得の行くネックレスで結婚式をより楽しんでください。