アフリカ・ビーズの世界

ビーズの世界

今年6月にオープンしたばかり、東アフリカ、アジアを中心とした絵画・工芸品や雑貨・アクセサリー、布製品(キリム・タペストリー・衣服など)を販売する、西荻窪「HAPAHAPA(ハパハパ)」さん。先日、現在開催中のイベント「アフリカから届いた ビーズとカンガ展」に行ってまいりました♪♪

Chuuiではケニアの土を原料とした陶器アクセサリーを専門に取扱っていますが、アフリカ各国にはガラス、石などのビーズ、トンボ玉ほか、部族のビーズ装飾品等々、様々な素材でできたビーズがあり、またその歴史もとっても深いのです。そんなビーズの歴史、またアフリカの布カンガの歴史を、直接専門家から伺える貴重なトークイベントがハパハパさんで行われています。動物の爪を模した結婚式用ネックレスや蛇の骨をモチーフに誕生したスネークビーズ、またヨーロッパからアフリカへ、アフリカからアメリカへ渡ったビーズの歴史など、とても興味深い内容でした!知れば知るほどアフリカの魅力を発見します。まだトークイベントもありますので、お近くの方やご興味ある方におすすめです♪♪

hapahapa-nishiogikubo

▼色鮮やかな店内、見ているだけでワクワクします♪
hapahapa-nishiogikubo2

▼アフリカンビーズ。どの素材も魅力的!
hapahapa-nishiogikubo3

▼もちろんChuuiでは陶器ビーズの魅力をお届け中♪♪
hapahapa-nishiogikubo5