結婚式お呼ばれメイクのマナー、知っておきたい3つのポイント!

メイクアップは相手を敬う身だしなみ

さて、結婚式のお呼ばれ、着ていくドレスや身に着けるアクセサリーが決まり
一安心と言うところかもしれませんが、メイクアップを忘れていたりしませんか?

ヘアスタイルは美容院でお願いするという方も多いと思いますが、メイクってどう
するか意外と迷いますよね。美容室でメイクも一緒にお願いする程でもないし・・・
かと言って自分でやるには自信がない・・・
相手に失礼のないようにと考える結婚式だからこそ悩みも色々と出てきますよね。

しかし、大人になったらやはりメイクアップも大切な身だしなみの一つです。
特に結婚式は新郎新婦だけでなくその親族も出席する場であり、相手を
敬い祝福する意味でもきちんとメイクアップする事はとても大切
です。

では、お呼ばれメイク、通常メイクと違いどんな事に気を遣えば良いのでしょうか?

結婚式のお呼ばれメイク “大切な3つのポイント”

結婚式はまず新郎新婦を祝福するお祝いの日です。そのためお呼ばれメイクには
華やかさが大切です。ポイントでラメ等を使って華やかにみせるのも良いですね。

また、着ていく服も普段着ではなく華やかなドレスなので、ドレスとのバランスが
とれるメイク
が必要です。あまりにも薄いメイクだと、ドレスの華やかさばかりが
目立ち逆に顔がとても地味に見えてしまいます。それではせっかく購入したドレスも
素敵には見えませんよね。どうしても濃いめのメイクが苦手と言う方は、リップやチーク、
アイシャドウだけでも上手に使って色を入れてみて下さい。それだけでも印象が違いますよ。
また、着ていくドレスやバック、アクセサリーに合う色味のコスメを使ってトータル
コーディネートをしてみるのもオシャレ感が出ますよ。

そして、もう一つ意識したいのが写真撮影です。意外と忘れがちですが、結婚式は
たくさん写真撮影をしますね。これは新郎新婦にとって、その後もとても大切な
思い出となります。そのため写真に映えるメイクがオススメです。

普段、メイクは薄めなので結婚式メイクは濃く感じてしまい、なかなかできないと言う方も
いるかと思いますが、写真撮影の際は思っている以上に光により色が飛びやすいので、
通常よりもしっかりしたメイクが必要です。特に眉やアイメイクは薄過ぎると写真で
見た時に消えてしまいがちなので注意したいところです。

と、簡単ですが結婚式では、これらの3つをおさえつつメイクアップを心掛けてくださいね。

勘違いされやすい薄いメイク&ナチュラルメイク

因みに、余談ですが「ナチュラルメイク」と「薄いメイク」の違いをご存知でしょうか?
「私はナチュラルメイクが好きなので、普段ファンデーションは薄めにしている」と言う方も
多いのではないでしょうか?

実は「ナチュラルメイク」=「薄いメイク」ではないんです。
意外と勘違いされやすいのですが、ナチュラルメイクはメイクの手法の一つで、薄いから
ナチュラルメイクではなく、「しっかりメイクをしながらも自然にみせるメイク」のことです。

誤解したまま、華やかな結婚式やパーティーの席でもナチュラルメイクをしてしまうと、
せっかくのコーディネートも映えないままに終ってしなってしまうので気をつけてくださいね。

いつもよりオシャレができる結婚式、せっかくなので思い切り楽しんで参加してくださいね。