自分好みのロッジで最高のサファリを!~マサイマラ・ロッジ巡り~【ケニアコラム36】

自分好みのロッジで最高のサファリを!

サファリで有名なケニア・マサイマラ国立保護区には素敵なロッジがたくさんあってどこも泊まってみたくなる。国を問わず予算によってもちろん内容は異なるけれど、一生に一度と思って行くなら是非泊まる場所をこだわって行くのもまた楽しみが増えるのでおすすめ。

今回、週末を使って行った2泊3日のマサイマラ。目的は、ロッジ巡り。以前私自身もケニアで旅行会社に勤めていたけれど、更にケニアの旅行業に情熱を燃やし続ける友人とともに行く旅行はまた格段に楽しく行く度に新たな発見がある。ケニアに来るお客さんに、来てよかった!と思える思い出を作って帰ってもらいたいと言う目線で見るロッジ巡り。18のロッジを目標に今回は11のロッジを巡り巡った2日間。移動距離がものすごいのでかなりクタクタにはなるものの、達成感アリ。食事はビュッフェ(バイキング)スタイルか、アラカルトか。アメニティの内容、Wi-Fi環境、マルチプラグの有無、ホットシャワーが出る時間帯等々…色んなロッジがあるので予算に関わらず好みのタイプのロッジが必ず見つかるのではと思う。

今回私が泊まったのはEntimとGovernors Camp。どちらもテントタイプのロッジ。特に1泊目のEntimは今まで泊まった中では一番自分の好み。こじんまりとしたサイズで、アットホーム感のあるロッジ。とにかくのんび~りできる雰囲気とサイズ感。けれど、ヌーが川渡をするマラ川が目の前にあり、その時期はロッジから歩いてランチボックスを持って近くまで行け、川渡りが見れると言う最高のロケーション。いつかその時期に泊まって間近で見て見たい。ディナーもコースで、メインを選べるアラカルトスタイル。インテリアもセンスが良くってシンプルだけどゴージャス。スタッフもみんな温かい( *´艸`)

2日目に泊まったGovernors Campは、マサイマラの大自然にありながら、ものすごい整った設備。ロッジには常駐でお医者さんがいたり、バックヤードを見させてもらったら温度管理されたワインや野菜があったり…ホットシャワーの温度もアツアツで水圧も申し分なし。目の前がサバンナか川沿いかどちらか。やはりすごいのは野生の動物が目の前までやってくること。受付時にも野生のキリンが目の前を通り、夜は明らかにバッファローのシルエット。イボイノシシが普通に目の前を横切る(笑)嬉しいサービス付き。ロッジがあとからできただけで、本当は動物たちの場所だったんだろうけれど、それを体験できるのはやっぱり貴重で嬉しい。
パッケージになった旅行も良いけれど、なかなか行く機会のないアフリカ・ケニアなので是非自分好みの贅沢旅行(予算だけでなく好みの内容を絞って)行くのもおススメ。やっぱり行くなら最高の思い出を作ってもらいたい。

ケニア・マサイマラのロッジ・Entim

ケニア・マサイマラのロッジ・Entim

ケニア・マサイマラのロッジ・Governors Camp

ケニア・マサイマラのロッジ・Governors Camp

ケニア・マサイマラのロッジ・Governors Camp

ケニア・マサイマラのロッジ・Governors Campでの朝食