アフリカ・ケニア留学のきっかけ

アフリカンアクセサリー専門通販・アクセサリーブランドChuui(チューイ)坂本厚子のプロフィール
2003年東アフリカのケニアへ留学しました。子供の頃から国際協力の仕事に携わりたいと思い、学生時代に国際協力機関やNGO団体が主催するイベントやスタディーなどに参加をしていました。

福島の田舎で育った私にとって、テレビで見る海外番組はいつも興味津々で憧れの世界。子供の頃から、映画、旅番組、様々な民族や文化が映し出される番組をとても楽しみにしていたのです。

そんな中、子供ながらに衝撃を受けたのがアジアやアフリカの貧しい生活の映像でした。どこの国だったかはわかりません。けれど、自分と同い年くらいの子供達がこんなに貧しいのはなぜなんだろう?難民?どうして自分の国を追い出されなんて事があるんだろうか?とたくさんの疑問が沸き、その映像に釘付けに。子供だったのでショックを受けた様な強い印象が残りました。以来、それがきっかけとなり将来は国際協力に携わる仕事をしたいと思うようになっていきます。

そんなきっかけから大学では、国際地域開発学を専攻。大学時代に所属していた国際開発ゼミの勉強の一環で、初めてアフリカ・ザンビア、タンザニアへ。

10日間程度の日程で、途中体調不良のためザンビアで入院するなど、アフリカを知るには短すぎてあっという間の帰国だったものの、それをきっかけに現地に住んで文化や人々の感覚など、アフリカについてもっと知りたいと思うようになりました。

留学先をケニアに決めたのは、国連をはじめ国際機関や様々な活動を行う団体がある事を知ったためです。また、アフリカ大陸でスワヒリ語を使う人が多いと知った事も理由の1つです。ケニアの文化や言葉を勉強しながら、現地での様々な活動を実際に勉強したいと、スワヒリ語の学校に入学願書を申し込み単身ケニアに渡りました。

ケニア(ナイロビ)での生活

ケニアでは学校の寮で生活をしていました。午前中はびっしりスワヒリ語とケニア文化についての勉強。現地で長くNGO活動をしている方を講師に呼んでの授業や実際に活動を見る機会もありました。午後は、授業で覚えた言葉を外に出て実際に使ってくるという時間帯。

初めは土地勘もなければ治安がどうなのかもわからず、外出するのもおっかなびっくり。けれど、学校で言葉や文化をケニア人の先生から勉強しケニア人の感覚や考え方、文化を知っていくに連れて行動範囲も徐々に広がっていくようになりました。また、当時学校には日本語を学ぶために通っていたケニア人の生徒も多くいたため、お互いの国の言語を学ぶ者同士の交流もあり、何気ない会話から多くを学ぶ機会に恵まれました。

ケニアでの仕事&アパートでの一人暮らし

ケニア・ナイロビでの一人暮らし。国際協力の仕事に携わりながらケニアの首都ナイロビで生活したことで、現地の状況を初めて知る機会となった。
学校を卒業後、念願かなって国際協力機関で仕事をする機会を得ました。そこでは、医療プロジェクトで事務の仕事をしていました。また、それと同時に寮を出てアパートを見つけ生活も始めます。

ケニアでの一人暮らしは寮生活とは違い、当たり前ながら全てを自分でやらなければいけない環境です。日本とは違い便利さに程遠いケニアの生活は慣れるまでなかなか大変でした。

職場は、日本人スタッフとケニア人スタッフが連携を取りながら仕事を進める環境でした。日本人に比べ通常はゆっくりペースのケニア人ですが、仕事を得ることが難しいケニアでの職場環境は、想像よりもシビア。言葉や文化の違いによるコミュニケーションの差は当然あるとしても、それ以上に定職に就く事が難しいケニアで、外国人が仕事を得て働く事への現地スタッフが抱く感情、ケニア人同士でも他部族間で抱かれる感情などあらゆる事柄が入り混じった職場環境である事を知ります。時には「何かいい仕事知らない?」とケニアでの求人情報を外国人である私に尋ねられる事もありました。

定職に就いているスタッフでさえ抱く感情や仕事の話からは、彼らの生活の厳しさや仕事を得ることの難しさ、得てからそのポジションを手放さないための必死さも知りました。また、それまで国際協力をするには現地の国際協力機関で働くのが一番の近道だと思っていた私でしたが、実はそうではないんじゃないか?本当に必要とされている事は外国人のボランティアではなく、継続して続けられる仕事・雇用環境があることではないんだろうか?と考えるようになりました。

ケニア・ナイロビ。アフリカの中でも利便性が良く都会とはいえ、当時はまだまだ断水が頻繁にあった。
ケニアで一人暮らしを始め、生活面で特に大変だったのは水問題です。蛇口から水は出るものの断水も頻繁でした。突然水が止まり、いつ水が戻ってくるのかわからないのです。そのため水汲みは欠かせない日課です。朝起きて、空きタンクや容器に水を溜め、古い水から洗濯やトイレに使います。万が一のため、水は常に節約。水だけでなく、電力も不足していました。電気で沸かすお風呂タンクも、停電で水シャワー。年間平均19度と高地で朝晩冷えるナイロビで、仕事帰りの水シャワーは修行のような気分でした。しかし、この経験で日本では見えなくなりがちな水や電気が常にあることのありがたさを身をもって実感し、また基本的なインフラが整っているからこそ、初めて時間が有効に使えたり、様々な事に目を向けられる余裕やチャンスに恵まれているんだとわかりました。

ケニアでの楽しみ

ケニア生活の楽しみとなったマサイマーケット。青空の下、現地ケニアの人々が作る民芸品はどれも魅力的で魅了された。

(◆写真:マサイマーケットの様子。ショッピングセンターの駐車場が週に1度マーケットに。)

ケニアでの生活も徐々に慣れはじめていた私の楽しみ、それがケニアの民芸品を買うことでした。ケニアには様々な民芸品やアクセサリーがあり、その一つ一つが手作りなため、同じようでも違っていたり、とにかく見て欲しくなるものがたくさんありました。休日はマサイマーケット(週に数日場所を変えて行われる青空マーケット。手作りのアクセサリーや民芸品を製作している人が集まり販売を行っている。値段は全て交渉で決まる。)に足を運んでは、数ある商品の中からお気に入りを選んで交渉しお買い物。現地の人との値段交渉は、現地の作り手のパワーを感じる時間でもあり、スワヒリ語の上達にも繋がりました。実際に使われる言葉から文化や考え方を知る事もまた楽しみの1つでした。

ケニア生活の楽しみとなったマサイマーケット。定価はなく、全て交渉で値段が決まる。現地でのやり取りはスワヒリ語の上達にもなった。
なかでも好きでたくさん購入していたのがアクセサリーでした。高地で乾燥し、埃っぽいケニアの環境に加え、水不足での洗濯を考えると着たいものを着たい時に着るというオシャレは思いのほか難しく、また治安にも配慮して、オシャレしたい気持ちを抑えつつケニアでの生活は基本Tシャツ&ジーンズスタイル。代り映えのしない日常を送っていました。そこで、現地のアクセサリーを使ってオシャレを楽しめばいいのでは!?と考えました。ケニアには、マサイ族の伝統的なビーズのアクセサリーや様々な素材を使ったユニークなアクセサリーがたくさんあり、日本にはないユニークさに魅了され、週末の楽しみになっていきました。

また、ケニアで定職に就くことの大変さを職場で日々感じ、小さいながらも外国人である自分に今できる事は、ケニアと言う場所で働かせてもらっているお給料を少ないながらもケニアで使いたいと思っていました。自分の楽しみだったマーケットで買い物する事で、作り手の見えるアクセサリーを買い、私もお気に入りが見つかって嬉しいし、今日の収入を得た作り手としても嬉しい。ボランティアや国際協力と言うと身構えてしまうけれど、自分の楽しみの中でそれが自然にできる事をとても嬉しく感じていました。

次へ→「陶器アクセサリーとの出会いとChuui誕生」についてへ

■送料について
 全国一律650円(税込) 10,000円(税抜) 以上のご注文で送料無料
 ※沖縄、離島にお住まいの方は別途ご連絡いたします。

  ゆうパケット便 全国一律 送料 360円 (税込) ピアスのみのご注文で利用可能

■お支払い方法
 「クレジットカード」「代金引換」「銀行振込」の3種類からお選びいただけます。

クレジットカード
card_logo
PayPal
card_logo
代金引換
代引手数料:330円(10,000円未満) / 440円(10,000円以上)
※ 商品到着時に運送会社の方へ現金でお支払い下さい。
銀行振込
みずほ銀行
コンビニ
コンビニ決済は、ご利用いただけません。

■お届けについて
 通常、ご注文確定の翌営業日の発送致します。(日曜・祝祭日は配送業務を休ませていただきます。)
 お届けの目安は「配達所要日数」よりご確認頂けます。
yamato
 お届け時間の指定も可能です。 配送についてのご要望は、注文時にご記入ください。
 ※ご注文が集中した場合など、お届けが遅れる場合がございます。

■ 不良品
 商品がお手元に届きましたら、まずご注文頂いたお品物か、ご確認ください。
 商品の品質には万全を期しておりますが、万が一商品が、破損、汚損していた場合、またはご注文頂いたお品物と違った場合、お届け後7日以内に
 メールまたは電話でご連絡ください。当店の在庫状況を確認のうえ、新品、または同等品と交換させていただきます。(送料当社負担)
 *8日間以上過ぎますと返品交換のご要望はお受けできなくなりますので、ご了承ください。

■返品期限、送料
 お客様のご都合による返品は返品希望のご連絡を7日以内に
 いただければ返品をお受けいたします。
 返品に関する詳細はこちら
 お届けの商品と同梱の「返品・交換について」をご覧ください。

■ポイントのご利用について
 1ポイント1円とし、10円単位でご利用いただけます。

■お問合わせ先 商品のご注文、お届け、お支払いに関するお問合わせはこちら。
 03-6677-1998 (受付時間:午前10時~午後6時まで)
 ※ 土曜、日曜、祝日、年末年始はお休みさせていただきます。

yamato